稼いでも稼いでも火に油の日々!キャッシングはしない

稼いでも稼いでも火に油の日々!キャッシングはしない

私は東北の田舎に住んでいます。私の住んでいる県の最低賃金は716円です。

 

 

私には何の資格もありませんし特技もありません。ですからほぼこの最低賃金で働いています。

 

 

どれだけ頑張っても資格も何もありませんから昇給というものもなく、世間一般で言う底辺の暮らしをしています。

 

 

東北は、車がないと暮らしていけません。移動に必ず必要ですし、ハローワークなどで仕事を探すときに車必須や免許必須というのは当たり前のことなのです。

 

 

 

しかし車を所持しているとその分お金がかかってしまいます。ローンで最低二万円くらいは出費しますし、ガソリン代もかかります。最低賃金のように県ごとに違うのであれば話は別ですが、ガソリン代は全国どこでもほぼ同じ価格です。716円、これで6リットルくらいしか入りません。

 

 

私が一時間働いた分はガソリン代で6リットルで消えるのです。燃費の悪い車に乗れません。しかし燃費のよい車は高いので購入できません。ジレンマです。お金がないのにお金が必要なのにためることができないのです。

 

 

生活のために必要なお金、これを賄うために絶対必要になるお金が足りないのです。

 

食費もバカになりません。毎日安い野菜を購入しているのですが、今は野菜が高騰しており白菜一個は私が40分くらい働いたお金と同じくらいなのです。

 

 

お金の苦労は今もずっと続いています。

 

 

 

私よりも若い子は沢山いますし、この先転職しようにもそういう若い子たちのほうを優先して企業はとっていきます。

 

 

 

私は資格もないですし、資格をとるためのお金も出すのがしんどい、これが現状です。検定費用などを見ても4000円など私の一日の給料くらいかかってしまいます。

 

 

 

 

これに勉強のテキスト代などを考えると、資格をとっても就職できるのかスキルアップになるのかさえ謎でそのお金はすべて生活費に回したほうがましな気がしてきてしまいます。